×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生で食べれる野菜と食べれない野菜の違い


野菜の生で食べれる生で食べれない野菜の違いは何だろうと
疑問に思う人いませんか。
この生野菜については2つのことが考えられます。

その一つが野菜のアクです。

大昔、まだ野菜がただの草だった頃、
その草には動物や虫たちから食べられないように毒素を持っていました。

それが人間の手により、「より大きく・より美味しく」
そして毒素を少なくした野菜に品種改良してきました。

その毒素の名残りがアクで、一般的に
アクの強い野菜は生で食べられない
アクの弱い野菜は生で食べられる

といえます。



もう一つ生で食べれる野菜と食べれない野菜の違いの理由は、
熱を加えることで野菜の成分が変化して、明らかに美味しくなるものです。

例えばイモ類がそうですよね。

デンプンが糖類に変化してとても美味しくなります。

ですから、加熱することにより劇的に美味しくなるのが生で食べれない野菜
加熱しても味は変わらない、もしくはまずくなる野菜が
生で食べれる野菜ということになります。


そのほかに、加熱するしないの違いで野菜の成分が人間の体内に
よく吸収されるか否かで分けることができるかもしれませんね。

私の場合、栽培した野菜すべてを収穫を始める前に生で食べてみます。