×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

虫食いの野菜は本当に安全?


よくテレビや雑誌で見かけるのが、野菜虫に食われていると、
虫も食べることの出来るくらい安全な野菜だということがあります。

私はこの考えとは全く逆だと思っています。

私も農薬を使っていた頃は、虫食いの野菜が安全なものだと思っていました。

当然、虫さん達も質の良い美味しい野菜の方が
好きであるはずだと考えた訳です。

しかし、農薬を使わない農業を始めてその考えは
間違いであることに気がつきました。

農薬を使わない農業に切り換えた食後は、
驚くほどたくさんの虫が寄ってきてほぼ全滅状態でした。

そこで、虫が寄らない対策に2〜3年いろいろ試してみました。


その中で出た結論が、肥料を使わずに
本当に良い堆肥を少量使うということでした。
確信が持てるようになったのは10年くらい経ってからですけど(^^;)

私の観察では、肥料分(特にチッソ肥料)を多く吸収した野菜が
虫さんの食害に合っていていました。

本当にできの良い美味しい野菜には虫は付きません。

逆に言うと、毒素(硝酸態チッソなど)を多く含んだ美味しくない野菜を
虫さん達はせっせと食べてくれているのです。

あたかも、質の悪い不健康な野菜は、
私たち虫に任せて、人間様はもっと美味しい野菜を食べてください
と言っているようです。


あんな小さな虫さん達が、
人間の健康や食について気を配ってくれているみたいでありがたい感じがします。

皆さんも、今日から彼らを害虫と呼ぶのはやめましょう。